【マレーシア旅行記】ランカウイ観光編①ベルジャヤランカウイホテルに泊まった感想

クアラルンプールからランカウイまで約1時間。遅延もなく無事到着。マリンドエア、初めてでちょっと不安だったけど普通でした。

小さな空港に到着して、荷物をターンテーブルから受け取って後ろを振り返ると、カウンターから身を乗り出して何かを言っている人たちがたくさん。手には車の写真を持って必死に訴えかけている。レンタカーを借りてもらいたいらしいです。窓口いっぱいあるのにお客さん数人だから争奪戦なのかな?

ランカウイのお宿は、ベルジャヤランカウイホテルです。空港からタクシーで20分くらい。

リゾートっぽい、開放的なロビーがお出迎えしてくれます。

14時過ぎに着きましたが、15時まで部屋に入れなくてロビーでウェルカムドリンクを頂いて待ちます。チェックインでもらった引換券を渡すとグラスが運ばれてきました。フルーツ水かな?ほんのり甘いお水。

違う日にロビーに置いてあったのは、きゅうり水でした。大きな輪切りキュウリが大量に水の中に入ってて、観光客が水筒に詰めてたので気になって飲んでみたんですが、うん、水にきゅうりを入れたそのままの味です。青臭いって!

ベルジャヤランカウイホテルは広大な敷地なので、カート(シャトル)で移動します。荷物も一緒に詰めて、同じ方向の人も乗せて出発。私たちの山側のシャレーには2~3分で到着。子供たちはすごくこの車を喜んでいましたが、空いてる時はすぐに来てくれるけど、10人しか乗れないので混んでるとなかなか乗せてもらえなくて、面倒かもしれないです。

シャレーは見た目はキャンプ場のコテージ。ドキドキしながら部屋に入るとファミリーシャレーなので、1軒の建物に2つのドアがあり、同じ造りの部屋が中の扉で繋がっていました。

外から見るより部屋は広くてキレイでよかった~!

 

こちらのホテル、日本人は数組みかけましたが、中国系や韓国系の人たちは少なかったように思います。多いのはアラブ系の人達。頭に被るスカーフのヒジャブは当たり前な感じだけど、目につくのはニカーブの目だけ出ている全身黒一色の女性。最初は「ハッ!」と思ったけど、だんだん普通になってきますね。ニカーブから出てる目が大きく美しくて見とれてしまいました。きっとお金持ちなんでしょうけど、こんなリゾートに来ても毎日5回お祈りしてるのかな?ホテル内にはちゃんとモスクもありました。

朝食付きだと、ロビー下の「ダヤンカフェ」でビュッフェがいただけます。水上コテージの高い部屋だと海の横の「ビーチレストラン」でもいただけるみたいですね。

ダヤンカフェでも十分ボリュームある食事でした。シリアル、パン、ナシレマ、カレーも何種類かありました。目の前で、卵料理やパンケーキ、ロティチャナイなども焼いてくれます。ジュースは生ジュースはなかったけど何種類かあり、フルーツはスイカ、パパイヤ、パイナップルなどでした。フルーツは特別おいしくはなかったけど、他の観光客には大人気で山盛りになってました。数日なら飽きずに食べられそうです。特に自分で具材が選べる大きなオムレツが美味しかったです。

 

このレストランで、私が椅子に座った途端にずるっとなったので、よく見たら座る部分が完全に外れてる。危なかったので、お店の人に椅子を見せて「チェンジ プリーズ」と言ったら、意味わかんない顔するので「イズ ディス ブロークン?」と試しに聞いたら「ノー ブロークン」と言われた。マジか!店の人が壊れてないと思ってるなら替えてもくれないわね・・・

さて、子供たちの大好きなプールと海に行きましょう!朝食を食べたダヤンカフェを下へ降りると小さい子供用プールがあります。その下に大人用のプールがあります。大人用って言い切ってしまうのは、なんと一番深い所が1.5mもあって、165㎝の私でも足が届かないんです。すごく広いプールでもないんですが、うちの子達は潜るのが大好きで子供用では足りず、この深さを気に入り過ぎて何時間も入りっぱなしでした。どれだけ休憩しなさいと言っても「休憩する暇があるならプールに入る!」と意味の分からない事を・・・付き合いきれん。

プールから下に降りていくとビーチに出ます。白いサラサラの砂なので素足で歩くのが気持ちいいです。子供達またこの砂が気に入って、砂遊びが止まらない。

残念ながら海の水は透明度低めです、少し茶色っぽくて、立って足元が見えないくらい。魚は見えませんでした。ロープで遊泳区間が仕切ってあるので安心して泳げます。

ビーチハウスもあるので、バナナボートやジェットスキー、カヌーなどで遊ぶことができます。

バナナボートは15分45RM(約1350円)、パラセイリング8分180RM(約5400円)、ペダルボート1時間50RM(約1500円)…などのメニューがあります。あんまりやってる人は多くはなかったです。

なぜかチェックイン時に好きなアクティビティ2時間無料チケット(カヤック・ボディーボード・ペダルボート)がもらえて(ホテル予約時についてたんでしょうか?)カヌーをすることになりました。2艘借りてダンナと娘、私と息子のペアで出発。つまんないかな?と思ったけど、景色もよくってなかなか面白かったです。こんなに疲れたのに、子供たちは再びプールへ飛び込んで行く・・・

プールチェアに座っていると、隣のチェアにサルが!振り向くと5匹くらいいる。置いてあったスタバのコーヒーを持って行っちゃった。うわ~怖いっ。と言ってもニホンザルみたいに目を合わせちゃダメって感じでもなく、顔もかわいいし人慣れしてる。

私たちのシャレー前にも数匹サルが歩いていました。木の上の方がガサっと音がして大きく揺れたらサルです。リスもいるので、よーく木を観察してると見つけられると思います。ホテル内ですっごくたくさんいると言う噂だったので期待してたんですが、思ったよりはいなかったです。なぜか犬が何匹かうろついてたけど・・・部屋を出た時に娘が「パパの後ろに犬がいる!」と言うので「何言ってんの?」と思ったら本当に大きめの犬がいた。危害を加える感じでもなかったけど、あれは野犬なのか飼っているのか?

夜はホテル内のタイレストラン「パーン・タイ」へ行きました。雰囲気良くて美味しいとの口コミだったので、期待してチェックイン時に予約(2日後)しました。水上コテージよりもっと海側にせり出していて夕焼けがキレイに見えます。

 

オープンテラスで雰囲気はバッチリ、料理もそれなりに美味しかったです。パッタイ、トムヤンクン、春巻き、野菜の炒め物、エビフライみたいなの、スチームライス、生青りんごジュース×2、ノンアルコールカクテル、ビール×2で5000円くらいでした。久々に本格的なタイ料理が食べられて満足。トムヤンクンは本気で辛かったけど、ご飯と一緒なら美味しく食べられました。トムヤンクン以外は辛くなかったので子供でも大丈夫でした。値段は町で食べるよりは倍だけど、日本で食べるよりは割安だと思います。丁寧な味で美味しいですが、本音を言うとクアタウンで食べた庶民的な海鮮料理の方が美味しかったかな?私、庶民なんで。。

お料理と景色は合格なんですが、いろいろ残念な事がありまして・・・

追加オーダーしようとメニューを下さいって言ったんですが、持ってきたのは英語だけのもので、さっきの写真付きのを下さいと頼んだら持ってくるのに15分くらいかかり、ビールを追加したらさらに20分くらいかかり・・・チェックすると言ったら請求書も20分くらい全然来ずに、すぐ近くの日本人のおじさん達に持っていき「ディファレント!」って言われてやっとこっちに来た。おじさん達ワイン空けてデザート食べて贅沢してたのに、私たちのを払われてたらどうするの?日本人だからちゃんとレシートチェックして正直だろうけどさ。

待ってる人も何組もいるのに、私たちも帰るに帰れない状態。従業員のサービスが全然ダメなお店でした。お店の人に帰りのカートを頼んだら、カートが満員で通過してった。しかたないので、目の前にあった駐在所の人に頼んで再度来てもらったけど、ちょっとイラっとしました。

5つ星、4つ星と言われる高級ホテルなんですが、サービスは3~2つ星くらいでしょうか?マレーシア人ってのんびりな性格なのかな?いろいろ「えっ!?」って感じでした。サービスに期待してっちゃダメですよ。

カートも空いてる時はいいけど、チェックインや夕方などはすごく混むので、乗せてもらえなくて怒り出す欧米人もいたし、カートにいっぱい人が乗ってる時はお客さんに自分で部屋まで荷物を運ばせてた。最初はすぐにカートも来てくれたので便利だなと思ったけど、結局は歩いた方が早かったです。ただ、うちのシャレーが真ん中よりフロント寄りで徒歩5分程度だったからですけどね、さすがにもっと奥の方だと毎回歩くのは無理だと思います。

フロントカウンターも普通ちゃんと並ばせれば良いのに早い者勝ちみたいになってて、従業員に話しかけたもん勝ちだから、おとなしい人はずっと待ってなきゃならない。

でも、全体的にはおもしろいホテルだと思います。キャンプ気分も味わえて、プールも海もあるからリッチな気分にもなれる。自然のテーマパークみたいなので、子供連れや自然が大好きな人にはおすすめです。うちの子達はかなり気に入って、またここに泊まりたいと言ってました。すべてがよかったそうです。

日本人には水上コテージが人気のようですが、私は山側シャレーの方がいいかな?そんなに海がキレイでもないし、波の音が気になって寝れないかもしれないし・・・この値段出すならモルディブの水上コテージの方が部屋からサメが泳いでるのが見えたりして良いと思う。山側シャレーはサルやリス探ししたり散策するのが楽しいし。

私がここに泊まった教訓としては、

1.洗濯機がない。脱水機がないのは痛かったです。水着が乾かないんです。ベランダに干しても日陰なので次の日まったく乾いていない。薄いTシャツくらいなら部屋に1日干してアイロンがけすればなんとか…ならない時は、プールベンチで干してました。私てっきり共同で使える洗濯乾燥機くらいはあると思ってたので、着替えを少なめにしてたんですよね~クラアルンプールで2日分洗ってきて良かったけど、足りなかった。ランドリーサービスはありますが、1枚ずつの値段なので4人家族分出すのはちょっとね。Tシャツくらい安いから買えばいいやとも思ってたけど、安くてもセンスがどうしても許せない・・・

2.周りにスーパーがないので、ここに泊まる前に食料品やお土産を調達する方法を考えること。水は毎日家族分補充してくれるので大丈夫です。ホテルのお土産屋さんは民芸品ぽいものばかりで高いです。隣のオリエンタルビレッジもお土産屋さんたくさんあるのに思った以上にショボくて買えるものがなかったです。私たちは初日にクアタウンへ行ったにもかかわらず、お菓子を少ししか買わずにホテルで食べてしまい、最終日までお土産が買えずに結局空港で焦って探すという失敗をしました。あ~もっとお菓子やBOHの紅茶とか大量買いしたかったな。。。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告