【マレーシア旅行記】ランカウイ観光編②オリエンタルビレッジへ行く

ベルジャヤランカウイホテルのすぐ近くにある、オリエンタルビレッジ。ランカウイ唯一のテーマパークで、スカイキャブに乗れる場所で有名な場所です。

ベルジャヤホテルに宿泊の人は、ホテルのシャトルで運んでもらえます。帰りは「自分で帰ってこい」とのことでしたが、運よく?2回ともオリエンタルビレッジにシャトルがいたので乗せてもらえました(歩くと10分くらいですが、ちょっと遠い)

いつも混んでるとは聞いていましたが、行った日はちょうど祝日だったみたいで、ランカウイ中の観光客が集まってきたんじゃないかってくらい賑わってました。と言ってもスカイキャブ乗り場だけだけど。10時頃着いたら、スカイキャブ乗り場には長蛇の列。

チケット売り場で乗る時間指定(15分おき)で買うので、その場でずっと待ってるわけじゃないので良いんですが、時間に余裕を持って来た方がよさそうです。

チケットはスカイキャブだけはなくて、無理やりセット料金になってまして・・・一番安いので55RM(約1600円)(スカイキャブ・3Dアート・スカイレックス・スカイドームの4つのアトラクション付)他にもタイムトラベルや6Dシネモーション付きと言う70~75RMのセットやスカイキャブに早く乗れるVIPチケットなどもありました。

3D ART(3Dアート)

スカイキャブの乗るまでの時間もまだあるし、せっかくなので3Dアートに行ってみました。3Dってたまにどこかの壁に書いてあったりしますよね~マレーシアだし期待もせずに入ってみたんですが、思った以上にスゴかった!

一部屋ごとにテーマ(動物・国・絵画など)があり、部屋の壁や床に大きな3Dアートが書かれていてかなり本格的。全部には説明書きがないから、どこにどう立てばいいのか分からないけど、お客さん少なかったので、思いっきり楽しめました。こんな部屋がいくつもいくつもあって、ちょっと飽きるくらい。

最後に広い部屋に出て、ピラミッド前で写真撮ってたら、壁に寄るように指示され、プロジェクションマッピングが始まりました。こんなに近くで観たのは初めて!5分くらいのショーでしたが、なかなか良かったです。

SKY CAB

一番人気のスカイキャブに乗ります。時間指定で集合時間11:30にしたはずなのに、腕に巻かれたチケットをよく見たら11:00になってる!3Dで遊んでたからとっくに過ぎてたけど、係の人にチケットを見せたらそのまま11:00の回の列に入れてもらえました。

それでも中で行列になっていて、途中で無理やり写真を撮られます。断ってもダメでした。15分くらい並んでやっとスカイキャブに乗れました。6人乗りで、6人詰ぴったりつめるので相乗りになります。自分たちで乗りたい人や早く乗りたい人はVIPチケットを買いましょう。中国人観光客が結構VIPチケットを巻いてました。

小さめのロープウェイに乗り込むとグーンと急な山を登っていきます。下のジャングルには動物がいっぱい住んでるんだろうな。後ろは海とベルジャヤホテルが望めます。10分ほどで中間地点に到着。小さな展望台があるだけなので写真を撮ったら、そのままもう一度並んで乗ります。降りたい人が降りれば良いのに全員降ろされるんですね。

再度乗ったら頂上に到着なんですが、さっき降りた展望台までは晴れてたのに、上は霧で真っ白。何も見えないし…案の定頂上も真っ白!他の観光客はスカイブリッジの方に行ってるけど、絶対に何も見えなさそうなので、頂上でお茶をすることにしました。

スカイキャブを降りて階段を登っていくとカフェがあります。頂上値段ですが、結構みんな食事をしてました。私たちはソフトクリームとジュース、コーヒーを買いましたが、コーヒー高かった!

パスタが15RMなのに、コーヒー13RMってどういうこと?地上では5RMくらいで飲めます(ダンナ普通に買ってんじゃないよー!)イタリアンソフトクリームって書かれてたのに、全然イタリアンじゃなくて完全にアイスクリンですけど?それもめちゃくちゃミニサイズだし。(他のお客さんのは倍量あるのに、あのお姉さんケチったな)

帰りのスカイキャブは途中下車なしに下の駅まで降りてきます。お土産売り場を通って外に出るんですが、ここのお土産屋さんはすごく品質が良かった。Tシャツやぬいぐるみ、コップ、タオルなど普通に使っても大丈夫な感じの物が多くてキレイに並んでるので見やすい。値段は周りのお土産屋さんの倍近いけど、品質とセンスが倍良い方が良いかなと思います。

私たちはここで、子供にお揃いのTシャツと私のTシャツ、母親お土産用にバティックのハンカチ、息子がタオルを購入しました。結構な値段になりましたが、使える物ばかりなので満足です。

3D REX

3D REXって何かわからず行列に並んでいました。

待合室に入れられると簡易的なUSJのようで、カーテンの向こう側から「キャー!」と叫び声。普通は壁だよね?カーテンが開くとジープのような大きな乗り物でした。3Dメガネをかけて恐竜の世界を走ります。すると恐竜が暴走して…キャー!!ってここは本当にランカウイですか?まぁ、地元の人だって少しは遊園地な気分を味わいたいだろうからね。

オリエンタルビレッジのお土産&食事

オリエンタルビレッジは結構広いテーマパークで、お土産屋さんもたくさんありますが、買いたいものはほとんどなかったです。Tシャツもなかなかのセンス・・・ちょっと高いけど質がよくてキレイなので、スカイキャブのお土産屋さんがおすすめです。

オリエンタルビレッジ内でレストランを探しましたが、どうもフードコートはイマイチっぽい。入りたいお店も見つからず諦めて出入り口まで来ると、駐車場横に大きくてきれいなレストラン発見。

入ってみると、ローカルのメニューで安い!私はさっぱりしたものが食べたかったのでライスヌードル、ダンナはラクサを頼みました。見た目もおしゃれでどちらも美味しくって、ラクサは子供達も気に入ったので追加でもう1杯。ただ、このお店、英語が通じず、メニューもマレー語で、コーヒーもちゃんと「コピー」って言わないと通じないです。ノンシュガーって頼んだけど甘かったらしい。でも、アイスティーも生ジュースも美味しかった!

 

お値段もホントに安いです。ライスヌードル7.9RM(約230円)、ラクサ5RM(約150円)

なぜか、食べ終わった後や途中で何を食べたか確認しに来て、料金の紙を置いていきます。カラのお皿を指さして何を食べたか自己申告って・・・本当にマレーシア人っておおらかですね~

【マレーシア旅行記】ランカウイ観光編③おすすめレストランでも詳しく紹介しています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告