レゴランド1周年記念イベント、大人もワークショップでオブザベーションタワーを作れる

レゴランドでは1周年記念イベントがいろいろ開催されています。

その中で、親子で楽しめるイベントの1つが、ロボティク・プレイセンターのワークショップで行われている1周年アニバーサリー特別ワークショップ「オブザベーションタワーをつくろう」です。

普段のワークショップは、幼児、1~3年生、2年生~5年生、高学年用と年齢に分かれています。年齢の離れた子供は別々のワークショップになってしまい、ロボットボックスとは開催時間もずれていたりするので一緒に楽しめません。

今回、1周年記念イベントとして開催されている「オブザベーションタワーをつくろう」は、1年生~大人まで各自作ることができます。大人が参加できる教室がないので、一緒に同じものを作らせてくれるのはうれしいです。大人だけでも参加可能です。

ただ、このイベントは大々的に宣伝しておらず、ワークショップに並んで初めてわかりました。ロボットボックスの前にいたスタッフに「子供たちが一緒にできるワークショップはありますか?」と聞いたら教えてもらえました。ワークショップ宣伝で置いてある外のポスターにも書いておらず、ワークショップ予約に並んでいる人たちに口頭で伝えているだけ、予約カウンターにアニバーサリーイベントと立てかけてありました。予約する際にスタッフから「オブザベーションタワーを作るイベントもありますよ」と言われました。

これじゃぁ、イベントをやってることすら知らない人が多いんじゃないですかね?ワークショップは子供しかできないと思っているカップルとかは素通りするでしょう。

予約時に初めてイベントがあることに気づけば、その場でどうしようか悩む人も多いと思います。だから予約の列が全然進まないんだと思います。外にちゃんと当日行われるイベント情報、開催時間を大きく記載しておけないんでしょうかね?本当にやり方の要領が悪いです。

オブザベーションタワーを作るのは教室で開催ではなくて、2階にあがってすぐのレゴがたくさんある広い場所のカウンターで行われるので、幼児がいても大丈夫そうです。

オブザベーションタワーをつくろうは、1日5回開催されていました(4月4日(水))

①12:30~13:15

②13:30~14:15

③14:30~15:15

④15:30~16:15

⑤16:30~17:15

10:30に予約したときは、2回目開催13:30~からでした。幼児のシンプルマシーンとヤングフォービギナーとほぼ同じ時間帯です。

参加人数は大人も含めて12人くらいでした。

一人ずつレゴのケースが配られて、中にオブザベーションタワーの部品が全部入っています。

かなり細かい部品がたくさん入っていて、スタッフが「長い棒を2本と短い棒を4本」などと順番に説明してくれ、箱の中からレゴ探して組み立てます。1年生になったばかりの娘は「どれ?ない、ない!」と文句言ってました。

6年生になる息子は話を聞いてスイスイと作り上げていきますが、文句ばかり言うモンスターの娘に手間取られ、私は遅れ気味。家でも一人でレゴフレンズ作ってたんですけどね~自分のペースに合わないと怒り出すワガママ娘には手を焼く・・・

でも30分ほどで完成しました。

自分で展望台の位置を決めてタワーを作るんですが、かなり背が高いのでバランスが悪いです。一番上に展望台を設置した息子は重みでとブッ倒れてしまい、後は自分の好きな形に作って遊んでいました。

娘も同じくバランス崩してブッ倒して、部品をカウンター下に落として怒っていました。

作るのは丁寧に説明してくれるので誰でも作れますが、最後に仕掛けを動かすと壊れやすくて、それを直して遊ぶ時間が短いな~と思いました。45分のワークショップなのに「できた人は帰っていいですよ」とモデルビルダー認定証を渡して早めに追い出すような感じなので焦りました。

レゴを組み立てるだけですが、結構完成度高くて楽しかったです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告