レゴ・ファクトリー・ツアーでレゴをゲットしよう!

ゲートを入ってすぐのファクトリーエリアにある一番最初にあるレゴ・ファクトリー・ツアー

本物のレゴブロックを作る機械を目の前で見られるツアーです。

待っている間は壁にレゴの歴史や、古いレゴブロックの写真を見て楽しみます。

お客さんは新人社員と言う設定で、参加します。

20~35名くらいのグループで行動します。

まず、入り口でひとりずづグリーンのカードが配られますので、絶対になくさないように!

モニターのある部屋に案内され、しばらく立ったままビデオを観て待ちます。(平日の空いている時はビデオなしで少しだけ待って次の部屋に入りました)

次に新人さんが入るシアタールームでレゴブロックを作る工程の勉強をします。5分くらい

観終わると工場長(日替わりです)が1階の工場へ案内してくれます。

ひと通り各機械(4種類)の説明を簡単にして、あとは自由時間です。

ワンフロアでそれほど広くないので、5分くらいで見られます。

日本ではここでしか見られない貴重な機械なので、とってもレアだそうです。

レゴの素になる粒が大量に見えたり、模様をつける様子やパッケージなど、好きな人にはたまらないかもしれませんね。

上を見ると黄色のバケツがいっぱい流れていきますが、レゴブロックを運んでいるそうです。

まさか、本物の工場ではバケツはないですよね・・・?

5分くらいで工場長が集合をかけ、最初に渡されたカードと出来立てのレゴブロック1個と交換してもらって終了です。

出るとすぐにお土産屋さんがあります。

カップに好きなレゴを詰め放題できます。小さいカップ2千円、大きいカップ3千円ってちょっと高いせいか買っている人はあまり見かけませんでした。

息子は小さなアンテナを全部詰めたらどうなるの?って言ってましたが、別にいいけど、そんなに大量に持ち帰ってどうするんでしょ?

工場内を見渡すだけならお土産屋さんから入っても見れますが、レゴブロックをもらっている様子を見るとうらやましくなってしまうかも。

とりあえず工場は1回見たらもういいかな?と思いますが、子供は出来立てレゴブロックが欲しくて何回も行きたくなるようです。これ、売ってないから結構レアものですよね。

だいたい外の掲示には15分の待ち時間が多そうですが、1つのグループが終わるのに10分くらいはかかるので、進みが悪いのでイライラしそうです。入り口近くまで並んでいるときは40分くらい待つと思います。階段まで進めたら10~15分くらいで行けると思います。

午後は混みそうです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告